ホテル 東京都

MIMARUグループの銀座EASTに宿泊してきたのでレビューします!備品や室内の写真あり

MIMARUグループ「銀座EAST」アパートメントホテルの宿泊レビュー

MIMARUグループ銀座EAST

キッチン付きのアパートメントホテル「銀座EAST(MIMARUグループ)」に宿泊してきました。

銀座EASTホテル
住所&連絡先

住所:〒104-0041 東京都中央区新富1丁目4番4号

国内からのお電話:03-6280-4017

海外からのお電話:+81-3-6280-4017

アクセス
  • 東京メトロ有楽町線「新富町」駅 2番出口より徒歩3分
  • 都営浅草線「宝町」駅 A1出口より徒歩5分
  • 東京メトロ日比谷線・京葉線「八丁堀」駅 A3出口より徒歩7分
  • 東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅 10番出口より徒歩7分
  • 東京メトロ銀座線「京橋」駅 1番出口より徒歩7分
  • 都営浅草線・東京メトロ日比谷線「東銀座」駅 A7出口より徒歩9分
  • 東京メトロ日比谷線「築地」駅 4番出口より徒歩9分
  • 東京メトロ銀座線「銀座」駅 A13番出口より徒歩11分
  • JR「東京」駅 八重洲口より徒歩17分、タクシーで12分

銀座 EASTホテル チェックイン

チェックインは15時からとのことで、16時頃に到着しました。

銀座EASTホテルロビー

落ち着いた雰囲気のロビーです。

チェックインを済ませた後は、カードキーを2枚もらって部屋へ。

途中に、アメニティが置いてあるカゴがあるので、そこからスリッパや歯ブラシなどをもらいます。

(ブラシとパジャマはフロントに声を掛けるともらえます)

ホテル通路

エレベーターは、カードキーをかざして使用します。

深夜は、フロントが留守になるので防犯上これは必要ですね。

今回、宿泊したのは6人まで宿泊できるタイプの「デラックスファミリーアパートメント」です。

ダイニングテーブル

ゆったりしたソファー&テーブルです。

室内

大人6人がゆったり座れます。

(写真は、ライブドア公式ブロガー勢ぞろいです)

グループ利用がお勧め

ベッド

ハリウッドベッドツイン(シングルベッドを2つ合わせたツイン)が2つです。

ベッドにはキャスターが付いているので、ずらす事も可能でした。

室内のベッド

二段ベッドが一つ

二段ベッド

今回は、私は下の段を利用しました。

少し硬めのベッドですが、171㎝の私が利用しても窮屈な感じがなく、ぐっすり寝る事ができました。

ベッドサイドには照明スイッチと、コンセントがあったので、スマホの充電もできます。

洗面台は2個

6人部屋なので、洗面台は2個ついていました。

これは有難いですね。

洗面台

タオルは6セット、ドライヤーもありました。

洗面台は2カ所

浴室

浴室は家庭にあるような、ごく普通のタイプです。

浴室

シャンプー・コンディショナー・ボディソープは常備されていました。

キッチン

小さいながらも機能的なキッチンが付いています。

キッチンペーパー、ラップも置いてありました。

キッチン

シンク下には、調理グッズが置かれていました。

鍋類

カトラリーも人数分あります。

カトラリー

グラスにカップです。

コーヒーと紅茶のティーパックは、フロント近くに置いてありましたので頂きました。

グラス類

お皿も一通り揃っていました。

お皿

ゴミは、分別ゴミ箱を利用します。

ゴミ箱

これだけ揃っていれば、簡単な料理もできるので、長期滞在にも向いていますね。

ホテル周辺「朝食」

食事は付いていないので、基本的には外食するか、部屋でケータリングや調理するようになると思います。

朝食は、近所の築地本願寺で食べようと思ったのですが・・・。

築地本願寺

朝8時に行ったら長蛇の列💦

(朝8時から整理券が配られます)

築地本願寺の朝食

日曜日でしたからね~。

平日ならここまでではないかも知れません。

本来なら、これを食べる予定でした。

築地本願寺の朝食

出典:築地本願寺カフェ

これはダメだと思い、近くの星乃珈琲でモーニングを食べました。

星乃珈琲

築地本願寺を眺めながらね(笑)

築地本願寺を眺める

コーヒーが美味しかったので良しとします。

珈琲

今回、宿泊した「MIMARUグループ 銀座EAST」は、4~6名宿泊できる部屋があります。

オリンピックも開催されるし、これからは予約が取れにくくなりそうですね。

キッチン付きのアパートメントホテル「MIMARUグループ 銀座EAST」についてでした!

全国の旅行には、楽天トラベルの観光案内サイトが便利です。

投稿者:Rin

-ホテル, 東京都

© 2020 「そうだ、遊びに行こう」 Powered by AFFINGER5